bet36体育在线_bet36备用网址【中国科学院】

スポーツ健康科学部

スポーツ健康科学科

龍ケ崎

スポーツ健康科学科

龍ケ崎

競技スポーツから生涯スポーツまで、子どもから高齢者まで、
幅広くスポーツの指導や社会貢献に関わる人材を養成します

スポーツ健康科学科の実学

学科の特長

あなたの好きな
スポーツのことが学べる

将来スポーツに関する仕事に就きたいあなたへ、教員やトレーナー以外にもスポーツに関する仕事はたくさんあります。あなたが楽しいと思える?あなたに合うスポーツに関する知識やスキルが学べます。

あなたの愛する人を
救える力を学べる

学科に所属する全員が救急救命の資格取得を目指します。今後、スポーツに関わる際には、「安全」はどのような分野でも必要な知識とスキルになります。

実践的に学ぶことで、
あなたのチカラを伸ばす

「健康づくりのプログラムを考案し、地域や病院で実践する」「地域や学校で子どもたちにスポーツの指導をする」など、実践的な機会が豊富です。

学びの分野

アスリートの未来を支える

スポーツトレーナー

リハビリテーション|スポーツ心理学

チームや個人のアスリートに身体的なケアとトレーニングを提供するために、ケガの予防や応急処置、リハビリテーション、トレーニングとコンディショニング、栄養指導などについて学びます。

パフォーマンス向上を促す

競技スポーツ

コーチング|スポーツ栄養?医学

選手やチームが競い合う力を向上させるために、技術や戦術?精神力?チームワーク?人間力を高めるなど、パフォーマンスを向上させる要因について学びます。

楽しさを伝えられる体育教員へ

スポーツ教育

保健体育|スポーツ教材|学校教育

スポーツをすることの楽しさを伝えられる体育の教員になるために、体育の専門的知識を始め、教育学、授業教材の開発、効果的に伝える技術などを学びます。

スポーツと社会の関係を学ぶ

スポーツ教養

メディア|法律|国際協力

スポーツと文化、スポーツと法、スポーツと政治、スポーツとメディア、スポーツと国際協力など、スポーツと社会との幅広い関わりについて学びます。

健康的な毎日をつくる

生涯スポーツ

スポーツマネジメント|スポーツ政策

一生涯を通じて心身ともに健康的な生活を送れるようにするために、健康の維持?増進、ストレス解消、社交性を高める機会、スポーツを楽しむことを提供できる方法を学びます。

RKUならでは

運動負荷試験

充実の実験施設で、
健康?スポーツを科学的に学ぶ

運動負荷試験の授業では、「健康寿命の延伸を目的とした健康づくり」を実践するうえで、安全かつ効果的に運動を行えるか否かの判断や、体力を高めるための適切な運動強度の設定、全身持久力を把握するための方法を理論的に学び、さらに学内の施設で実験することができます。

スポーツ教材研究

保健体育教員を目指す学生の実践力を高める

この授業は、将来保健体育の教員を目指す学生が履習する科目です。主に陸上競技の種目について、学習指導要領(先生が授業をする際の指針)で示す内容をどのように教えれば良いかを研究します。競技ごとに最適な指導法を学生自身が考えることで、将来指導現場に立った際、実践できる能力を高めます。
※保健体育の教員免許はスポーツコミュニケーション学科でも取得できます。

ゼミ紹介

1年生から始めるゼミ小粥ゼミ

最先端の指導を受けたい!
その願いを叶えるのは
元サッカー日本代表コンディショニングコーチ

ゼミの担当教員は元サッカー日本代表コーチ!
本学のサッカー部や日本国内でもトップクラスのアスリートも通う小粥ゼミ。担当する小粥先生は、サッカーW杯ロシア大会にコンディショニングコーチとして帯同しました。最先端の理論と指導で学生はメキメキ上達中!

学生VOICE

学外に出て学ぶ機会が豊富にあるから
社会に出て働く自分の姿が想像できる

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 3年

沼田 凌汰さん

スポーツ健康科学科は学外での学びの場が多く、貴重な経験をたくさん積むことができています。ゼミの一環で、小学校を訪ねて体育の授業の補佐をしたり、コミュニティセンターで高齢者向けのスローエアロビクス教室を開催したりしました。地域の方々と触れ合いながら学んだ知識やスキルは、私が目標にしている体育教員になってからも活きる力になりそうです。

スポーツ健康科学科の時間割例

MON TUE WED THU FRI
1限
9:00~10:30
生命科学Ⅱ 教育社会学
概論
2限
10:45~12:15
生態学Ⅱ 生徒指導論 特別活動及び
総合的な学習の
時間の指導法
3限
13:05~14:35
スポーツ
政策論
バスケット
ボール
キャリア
デザインⅡ
3年演習
4限
14:50~16:20
教育実習
(事前指導)
アダプテッド?
スポーツ論
スポーツ史
5限
16:35~18:05
道德教育論 スポーツ
リーダー
実習

教員 VOICE

4年間の学びの流れ

資格

関連する資格講座

講習が免除されるもの

  • 日本スポーツ協会共通科目Ⅰ?Ⅱ?Ⅲ

必要授業の単位を取得後、学内で検定試験が受けられるもの

  • 赤十字ベーシックライフサポーター、赤十字救急法救急員

必要単位を取れば受験資格が得られるもの

  • 健康運動実践指導者
  • 健康運動指導士
  • 日本トレーニング指導者協会(トレーニング指導者)
  • 日本スポーツ協会アスレティックトレーナー
  • 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認初級障がい者スポーツ指導員
  • JPSUスポーツトレーナー
取得可能な教員資格
  • 中学校教諭一種免許状「保健体育」
  • 高等学校教諭一種免許状「保健体育」

教育課程編成?実施の方針
(カリキュラム?ポリシー)

スポーツ健康科学科では 、卒業認定?学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)に掲げた能力を修得させるために、以下のような教育内容および教育方法に基づき教育課程表(カリキュラム)を体系的に編成?実施するとともに、教育評価を行います。

  • 【教育内容】
  • CP1

    国際化社会において必須となる外国語によるコミュニケーション力を育成する科目を配置する。(DP1)(DP1-1)

  • CP2

    人文科学、社会科学、自然科学に対する理解を深める教養科目を配置する。(DP1)

  • CP3

    生涯学習のための基礎的知識と自己実現に向けた能動的な姿勢を育成するキャリア科目を配置する。(DP1)

  • CP4

    教員免許のほかスポーツ健康にかかわる資格を取 得するための資格科目を配置する。(DP1、DP2、DP3、DP4-1、DP4-2)

  • CP5

    「生命(いのち)の尊厳」と「人間力」を持った人材の育成を特に重視して必修科目を配置する。(DP2、DP3、DP4-1)

  • CP6

    コミュニケーション力および課題発見?解決能力を育成するため 、演習科目を配置する。(DP3、DP4-1、DP4-2)

  • CP7

    今日、スポーツ科学を構成している学問を幅広く修得させる専門基礎科目を配置する。(DP2、DP3)

  • CP8

    発展的かつより専門性を持ったカリキュラムを構成するために専門発展科目を配置する。(DP2、DP3、DP4-1、DP4-2)

  • CP9

    スポ―ツの競技力向上を図る科目を配置する。(DP2)

【教育方法】

  1. 1学年から4学年まで各学年に必修科目として演習(ゼミ)を開設し、アクティブ?ラーニングを通じ、学生の能力?資質に応じた少人数教育を実施する。
  2. 学校現場や社会において実践的な経験のできる現場での実習を実施する。
  3. 講義や実技、実習などの多様な授業形態を用いて授業を実施する。
  4. ICTを活用したオンライン授業により、学習者参加型の双方向授業を実施する。
  5. 資料配布、課題提出および質疑応答ならびにオンデマンド授業を支援するために学習支援システムを活用する。

【教育評価】

  1. 授業科目の達成度評価は、シラバスに明示した到達目標、成績評価の基準と成績評価方法にしたがって、定期試験やレポート、小テスト、実技および発表や報告、質疑などを多面的に組み合わせて行う。
  2. 教育評価は、教育課程レベルについてのアセスメントプランにしたがって実施する。

カリキュラム?マップ

カリキュラム?ツリー

アドミッションポリシー