bet36体育在线_bet36备用网址【中国科学院】

ダイバーシティ共創センター

ダイバーシティ共創センター

  • TOP
  • ダイバーシティ共創センター

多様性を尊重し“誰一人取り残さない”キャンパスを共に創る

ダイバーシティ共創センター

流通経済大学は、障がいの有無、病歴、家庭環境、経済状況、国籍、言語、民族(民俗)、文化、宗教、信条等の多様性を尊重し合い、多様性をもつ一人一人が、伸び伸びとその個性と能力を発揮できるキャンパスづくりを目指します。

学内には、学生相談室や学生生活課、教育学習支援センター、国際交流センター、就職キャリア支援センター、保健室、図書館等、皆さんの学生生活を支援する様々な部署があります。ダイバーシティ共創センターは、誰もが必要な支援やサポートを受けられるように、これらの部署の連携協力を進めます。
また、支援体制や手続きなどをまとめたガイドラインを作成して順次公開していきます。

困りごとや課題を共有してみんなでキャンパスを改善する「共創セッション」

ダイバーシティ共創センターでは、様々な多様性について学び理解を深めるための研修やワークショップ、無意識の偏見や差別に気づき、意識化するための研修などを実施します。
新松戸キャンパス2号館に設置された本センターでは、多様性に関する書籍や漫画などを閲覧できます。
また、ダイバーシティ共創センターは、多様な学生?教職員、地域の人たち等、立場や視点が異なる参加者が集う「共創セッション」を開催します。共創セッションには、誰でも参加することができます。友達や仲間と一緒に参加してください。そして新たな友達や仲間をたくさん作ってください。

ダイバーシティ共創センター

共創セッションでは、対話を通じて互いの違いを理解し“当たり前”の中にある課題を見つけ出し、従来のやり方や仕組みにとらわれない革新的な発想や取り組みを共に創造(共創)して、キャンパスや地域社会の課題の改善に取り組みます。

共創セッションを通じて、“誰一人取り残さない” キャンパスづくりや地域社会との連携を進めることによって、持続可能な社会の実現に貢献できる人材の育成に取り組みます。

「ダイバーシティ共創センター」の主な取り組み

環境づくり

環境づくり

誰もが安心して生活できるキャンパスづくりを目指して、皆さんの要望の調査や専門家へのヒアリング、施設の改善提案などをしていきます。 誰もが伸び伸びと個性や能力を発揮するために必要な支援や手続きなどをまとめたガイドラインを作成して、順次公開します。

研修?ワークショップ

研修?ワークショップ

ジェンダー、人種、年齢、性的指向?性自認、障がい等、様々な多様性や無意識の偏見などについて学ぶ研修、学内や地域社会での課題解決にかかわるワークショップ、ボランティアグループづくりやコミュニティづくりなどを積極的に行っていきます。

共創ファシリテーター

共創ファシリテーターの
育成

ダイバーシティの推進に取り組むためには、多様な方の意見を傾聴し、協力しながら、取り組みやプロジェクトを実行していくことが大切です。その方法を学び価値を実感できる「共創セッション」を実施し、ダイバーシティ共創を行うファシリテーターを育てます。

LGBTQ+ガイドライン

ダイバーシティ共創センター

メールでも、対面でも、匿名でも、まずは相談を

LGBTQ+や、ジェンダー、セクシャリティに関する相談を受け付けています。
まずはメールでご相談ください(tayousei@rku.ac.jp)。
お問い合わせも相談も、匿名でかまいません。守秘義務を厳守して対応します。
対面での相談を希望される場合には、安心してお話しいただける場所をメールでお知らせします。

多様性を尊重する共生社会を目指す

学長 上野裕一

学長メッセージ

すべての人が互いを認め合い助け合いながら、それぞれの思いを達成する―ずっと胸に抱いていた夢を実現するために、ダイバーシティ共創センターを作りました。ありのままの自分でいい。私たちRKUは、誰一人取り残しません。多様性を認め合い地域社会から愛される学園にしていきます。

学長 上野裕一

ダイバーシティ共創センター長 三木ひろみ

ダイバーシティ共創センター長メッセージ

私はいつも文句を言っています。「どうしてこうなっているの?」「みんな違っていいとか言って、結局多数派優先?」とか。そして、「何とかならないかな」「解決できたらもっと良くなるのに」といつも考えています。ダイバーシティ共創センターは、大多数の人たちのことを想定して作られた環境の中で、皆さんの個性?多様性の尊重や発揮を妨げている問題を見つけ、学内の様々な部署と連携して、解決に取り組んでいます。ダイバーシティ共創センターは、皆さん自身も他の人たちも「誰一人取り残さない」キャンパスにしていくために、皆さん自身が考えていることを直接聞く対話セッションも開催しています。対話セッションに参加して、それぞれ違う立場から見える課題を理解し共有しませんか。そして、多様な立場から考えた解決策を実行に移して、みんなで大学を、地域を、社会を変えていきましょう。

ダイバーシティ共創センター長 三木ひろみ(副学長/スポーツ健康科学部 教授)

お問合せ先

流通経済大学 ダイバーシティ共創センター

TEL:047-340-0243 FAX:047-340-6117  E-Mail:diversity@rku.ac.jp